FC2ブログ
 

ジュンコの部屋

映画紹介。

今夜はTVで、『プリティ・ウーマン』がありますね。(゜▽゜)
シンデレラストーリーは、見てて楽しいので好きです♪(^^)

昨日の夜は、ケーブルTVで『プリティ・プリンセス』があってました♪(同じ監督らしいです。)

※ネタバレ&長いです。お暇な方はどーぞー☆(・ω・)ノ
ウィキより。↓

『プリティ・プリンセス (The Princess Diaries)』は、2001年に公開されたディズニー映画。
メグ・キャボットの『プリンセス・ダイアリー』を原作とする。プリティシリーズではない。
ある日突然、自分が高貴な身分の出自であることを明かされた、ごく普通の女子高生を主人公にしたシンデレラストーリー。
また2004年には、続編である「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」も製作された。

gooより、あらすじ。↓

サンフランシスコ。
赤ちゃんの時に両親が離婚し、芸術家の母ヘレン(キャロライン・グッドール)と暮らす高校生ミア(アン・ハサウェイ)は、内気でドジのためクラスの笑い者。
ある日、会ったことのない父方の祖母クラリス(ジュリー・アンドリュース)がヨーロッパから会いに来た。
クラリスはなんとジェノヴィア国の女王陛下で、ミアは王位継承者だと告げられる。

ミアは王位継承を放棄しようとするが、父への想いから3週間後の舞踏会までプリンセス教育を受け、それから決断を下すことにする。
父は離婚後も誕生日にプレゼントと手紙を送ってくれていたが、先月事故で急死した。

美しく磨かれ身のこなしや挨拶を学ぶうち、女王とミアは祖母と孫としての絆も深める。
憧れのジョシュ(エリック・フォン・デッセン)にも誘われ浮かれるが、彼の目的はミアを利用して有名になることだった。

傷つくミアを本当に愛してくれていたのは、親友の兄マイケル(ロバート・シュワルツマン)であるとやっと気付くミアは、父からの最後の手紙を見つけ、自分自身と真剣に向き合う。
そして彼女が選んだ道は普通の女の子ではなく、ジェノヴィア国の運命を担う責任あるプリンセスであった。


まず主人公のミアが可愛いんですよねー♪(^^)
見かけもなんですけど、リアクションとか☆
例えば…

舞踏会に向けダンスを習ってる時。↓

ジョー(SP兼教育係。):「このダンスは、ワルツとタンゴの中間です。(。。)」

ミア:「じゃぁ、ワンゴ??(・ω・)ノ」(←慣れないのでそわそわしつつ。)

ジョー:「ノゥ。(゜_゜)」(←即答☆笑)

祖母(女王)に、立ち居振る舞いを習ってる時。↓

ミア:「(´Д`)(・言・)(>口<)」(←熱心に教える祖母の後ろで、変顔連発☆)

秘書:「……ぶふっ!!(゜ω゜;)」(←思わず笑う。)

祖母:「?何??(゜口゜)」(←振り返ると…)

ミア:「ん??(^ω^)」(←にっこり♪笑)


後、ミアが飼ってる白黒の猫がまんまるお目目で、すごい可愛い顔してます♪(゜ω゜)

ディズニー映画なので、ストーリーの起承転結しっかりしてるし、最後はもちろんハッピーエンド♪
面白いのでお勧めです☆(^^)ノ

でも私、続編の2見た事ないんですよね。
今度暇な時DVD借りて来ます☆(´∀`)
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)