FC2ブログ
 

ジュンコの部屋

五島うどん。

日付が変わったので昨日の事ですが。

今日、ウチのお隣に新しく、うどん屋さんがオープンします。(゜▽゜)
それで、昨日はオープン前のお店にご招待されて、五島うどんをご馳走になりました♪(^^)

五島うどんとは…↓(ウィキより。)

長崎県五島列島で産するうどん。

厚めに丸く伸ばした生地を鎌で渦巻き状に切り出した後(この工程から『鎌切りうどん』とも言われる)、少し力を加えながら横に並べた二本の棒に8の字にかけてから、棒の間隔を少しずつ引き伸ばした後、一旦、生地を外してからまた力をかけながら生地を棒に8の字にかけていく、というそうめんや稲庭うどんのような手延べ製法で作られる。

このため普通のうどんより細く、断面が丸いのが特徴。
手延べの際に粉をふらず五島産の椿油を使用しており、かすかにその香りがする。

たっぷりのお湯で茹で上げたあつあつの釜揚げうどんをしょうゆやあご(飛魚)だしのたれで食べる「地獄炊き」が代表的な食べ方である。
弘法大師伝来を称する讃岐うどんに対し、五島うどんは地理的に大陸から独自ルートで直接伝来したと言われる。

200910081818000.jpg
200910081758000.jpg

…まぁ要するに、写メみたいに細いうどんって事です☆(-▽-)

ちなみに、あごだしうどん。↓(ウィキより。)

長崎県のうどん。
出汁は当地で獲れるトビウオ(当地の言葉でアゴという)で出汁をとる。
かつおだしよりあっさりした味。
長崎地方は古く中国大陸との貿易の歴史があり、五島手延うどんや島原手延そうめんに見られるように手延製法が受け継がれている。
奈良時代の文献には「麦縄」としてうどんが書かれており、これは長崎の五島うどんや島原そうめんに見られる「手延製法」と一致すると考えられる。

で、関係ないんですけど。
小学校の時に、音楽でトビウオの歌を習った記憶があるんですよねー。

確か、『とびうおツッピン』とか言う…こんな歌詞の。↓

♪ツッピン ツッピン
と~び~うーお ツッピンピン♪

これって、全国的な歌なんですかね??(゜ω゜)
トビウオって長崎名産みたいなんで、長崎だけ??(^^;)

とりあえず、その歌を習った当時、担任の先生が、

「これが本物のトビウオです☆(・▽・)ノ」

って言って、アゴ(トビウオ)の干物を持って来て見せたのを思い出しました。

生き生きとしたトビウオの歌なのに、参考に見せるのが干物の状態ってどぅなの…って、子ども心に思った記憶があります。。(笑)

まぁ、このお店のあごだし五島うどんは美味しかったんで、ご近所の方はぜひどーぞー☆(^^)ノ
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)